2022 FUJI(フジ)のFEATHER CX FLAT(フェザー CX フラット)を解説してみます☆

こんにちはうめじです。

自転車店歴15年で多くのお客様の自転車選びをサポートさせていただきました!

今回はFUJI(フジ)の2022年モデルのクロモリバイクのFEATHER CX FLAT(フェザー CX フラット)を解説させていただきます。

前回解説させていただいたクロモリグラベルロードのFEATHER CX+(フェザーCX+)のフラットバーモデルですよっ!

FEATHER CX+(フェザー CX+)の記事をまだ記事を読まれていない方は↓

最初からドロップハンドルだと抵抗がある方や普段使いやポタリングで使いたい方にもおすすめのモデルです!

クロモリフレームの細身のシルエットにブラウンパーツなのでカッコよくおしゃれな自転車を探している方にもピッタリ。

またブレーキには油圧式のディスクブレーキが搭載され雨天時の走行も安心です。

それとラックなども装着可能なので、フードデリバリーで稼ぎたい方にも最適モデルですよっ!

それでは見ていきましょう!

まずはFUJI(フジ)の歴史からチェック!

最後までお読みいただき、少しでもお役に立てたなら新着記事をご案内させていただきますのでSNSのフォローをお願いします☆

Fujiの自転車の歴史

 

誕生から120周年を迎えたFujiです。

どんな歴史を歩んできたのでしょう?

まとめてみます。

Fujiの歴史

  • 1899  FUJIの産みの親である岡崎久次郎が日米商店を創業。
  • 1906 イギリスのラーヂブランドの自転車の輸入販売を開始。
  • 1928 商標をラーヂから富士に改称してFUJIがスタート。
  • 1930 『覇王号』が高級実用車として日本、アジア諸国で人気に。

                                                                                                                                                                       出典:fujibikes

  • 1935 広告写真募集撮影大会を主催し、その時の作品を集めた「女性と富士自転車」を発刊。今日のFUJIのイメージビジュアルの原点。


出典:Fujibikes

  • 1951 商号を日米富士自転車株式会社に改称。レースバイクの開発にも注力。
  • 1970 本格的に海外に進出。
  • 1980 アメリカのロードバイク黎明期を牽引したブランドの一つになる。
  • 2000 海外資本となりこれまで以上に競技用バイクの推進に注力。
  • 2008 Featherやクロスバイクなどの日本限定モデル販売。


出典:Fujibikes

  • 2009 チームFUJI-SERVETTOに機材を供給を開始。
  • 2010 ロードとしてメジャーブランド入りの足がかりとなった「SST」と「Altamira」をリリース。


出典:Fujibikes

  • 2011 ブエルタ・ア・エスパーニャでファン・ホセ・コーボがAltamiraを駆って個人総合で優勝。
  • 2012 アジア初のプロコンチネンタルチーム「Champion System Pro Cycling Team」に機材供給。
  • 2012 ロードバイクフレームのカラーオーダーサービス「FUJI REMIX」を開始。
  • 2014 サポートチーム「NetApp-ENDURA」と共に2度目のツール・ド・フランス出場
  • 2015 FUJIが新たに機材供給をおこなうチーム「CAJA RURAL-SEGROS RGA」で4度目のブエルタ・ア・エスパーニャ出場。

2012年モデルに誕生したFEATHER CX(フェザーCX)発売当初はシングルスピードのシクロクロスモデルだったんです!

出典:Fujibikes

後にFEATHER CX+(フェザーCX+)となり変速機付きでディスクブレーキ搭載モデルに進化しました。

そのフラットバーバージョンがFEATHER CX FLAT(フェザーCXフラット)ですね。

Fujiのグラベルロードはこちら↓

 

FEATHER CX FALAT(フェザーCXフラット)FUJI(フジ)の全モデルの中ではどんな位置づけなのでしょうか?

見ていきます!

2022 Fujiの自転車の種類は?

Fujiではロードバイク、マウンテンバイク、シングルスピード、キッズなど多くのモデルがラインアップされています。

『どのモデルが自分のライフスタイルにマッチしているのか?』

『どうやって自転車の種類を決めればいいのか?』

悩んでしまいますよね…。

Fujiの自転車の種類のチャートマップを参考にすると選びやすいですよっ↓

         出典:fujibikes

Fujiの自転車は大きく2つのカテゴリーに分けられています。

  • RACING
  • LIFE STYLE

レーシングは最先端技術が注ぎ込まれた競技用車両の要素が強いモデルです。

ライフスタイルは通勤や通学、ちょっとしたサイクリングやポタリングまでこなせるモデルで、普段着でも違和感なく乗れるカラーリングでファッション的な要素も強いです。

チャートマップの上にいくほど競技性が高く、下にいくほどファッション性が高いモデルになります。

チャートマップの右にいくほどオンロードで高速走行が想定されていて、左にいくほどオフロードをはじめオールラウンドに走行できるモデルになっています。

LIFE STYLEのSTREET CROSSOVERに位置するFEATHER CX FLAT(フェザーCXフラット)は普段使いやポタリング、通勤や通学での使用までマルチに活躍するモデルなんですよ!

移動手段の自転車だけでなくファッションアイテムとしての要素も強く、所有するだけでも満足感が得られますよっ☆

どんなモデルなのでしょう!

それでは見ていきます。

FEATHER CX FLAT (フェザーCX フラット)

価格¥97,900(税込み)

El Black 出典:Fujibikes 

Ultra Metal 出典:Fujibikes

Caramel Wine 出典:Fujibikes

スペック
サイズ 43,49,52,54,56,58 対応身長158㎝~190㎝
フレーム Fuji Elios 2 custom-butted CrMo w/ outer-butted seat tube
フォーク Fuji 1 1/8" CrMo w/ disc brake mounts
クランク Shimano FC-TY-501-2, 46/30T
コンポーネント Shimano ALTUS, 8 -speed
スピード数 16s
ブレーキ Tektro disc 160mm rotors
ホイール Fuji custom alloy wheel
タイヤ Kenda 700×35c

 

バテッド加工のクロモリチューブのフレームにShimano ALTUS 8sに油圧式のディスクブレーキをアッセンブルしたモデルです。

バテッド加工とはパイプの厚みを変えて作られているということでしたね。

出典:daiwa-cycle

FUJI(フジ)のクロモリフレームに採用されているElios 2とはなんでしょうか?

Elios2 Chrome-Molydenum
厳しい品質基準に合格したクロモリ鋼が使用されているダブルバテッドパイプのクロモリフレームです。
それにより強度を落とさずに軽量化を可能にしています。
クロモリフレーム特有の乗り心地の良さを味わえるだけでなく、過酷な条件下でも高い耐久性を持ち合わせています。
しっかりと素材にもこだわって作られている自転車なんですね~。
乗りたくなっちゃいますよねっ!

 

タイヤは700×35cのブロックタイヤが採用されていてちょっとしたオフロードも走行可能ですし、パンクのリスクも軽減されますよっ!

通勤や通学でのパンクは避けたいですよね~。

Fujiのグラベルロードはこちら↓

FUJI(フジ)の自転車はライフスタイルに合わせてカスタマイズできるのも魅力の一つですね!

公式サイトでも紹介されてます↓

出典:Fujibikes
出典:Fujibikes
出典:Fujibikes

 

公式サイトで紹介されているのはサドルとタイヤをカスタマイズした例ですが、普段使い用に荷物を運ぶためのラックを装着したりフェンダーを装着したりもできますよっ!!

タイヤをスキンサイドやブラウンサイドに変えるだけでもかなり雰囲気が変わりますよね~。

おすすめタイヤ↓

軽快な走りを求めるなら↓

フロントラックにバスケットを装着すればお買い物だってできちゃいます!



フードデリバリーでも使えちゃいますよね!
フードデリバリーサービスのDiDi Foodはこちら↓
>>公式サイト<<

まとめ

今回はFUJI(フジ)の2022年モデルのクロモリバイクのFEATHER CX FLAT(フェザーCXフラット)を解説させていただきました。

クロモリフレームの細身のシルエットに絶妙なカラーリングで魅力的ですよね~。

油圧式のディスクブレーキ搭載に700×35cのブロックタイヤが装備されていて通勤や通学でも安心して使用できますよっ!

ラックやバスケットを装着して普段使いやポタリングを楽しむ。

どんなスタイルで楽しみますか~?

最後にまとめてみます。

まとめ

  • Elios 2のクロモリフレーム
  • 油圧式のディスクブレーキ
  • Shimano ALTUS 8s
  • フラットバーでポジションも◎
  • カスタマイズ可能
  • 価格¥97,900(税込み)

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

やっぱりクロモリはいいぞ~。

それではまた☆

Fujiのグラベルロードはこちら↓


おすすめの記事