【2022 CANYON エアロロード】Aeroad CF SL 8 DISCを解説してみます☆

こんにちはうめじです!

自転車店歴15年で多くのお客様の自転車選びをサポートさせていただきました!

今回はドイツメーカーのCANYON(キャニオン)の2022年モデルのエアロロードのAeroad CF SL 8 DISCを解説させていただきます。

上位機種譲りの空力性能を持ちながらも価格を抑えたモデルですね!

それとCANYONの魅力の一つはやはり価格ですよね〜。

同スペックのモデルと比較しても購入しやすい価格ですね。

Aeroad CF SL 8 DISCはこんな方におすすめ↓

こんな方におすすめ!

  • 趣味として自転車を始めたい方!
  • ロングラドのサイクリングを軽快に楽しみたい方!
  • レースやファンライドのイベントなどにも参加してみたい!
  • 巡航速度を上げて空力性能を体感したい!
  • とにかく速さを感じたい!
  • コスパよくロードバイクを購入したい!
  • エントリーモデルやクロスバイクからステップアップしたい方

まずはAeroadシリーズの特徴を見ていきます!

最後までお読みいただき、少しでもお役に立てたなら新着記事をご案内させていただきますのでSNSのフォローをお願いします☆

ワイズロードのロードバイクはこちらから↓

Aeroadの特徴とは?

発売以来、高い人気を誇るCANYONのアエロロードバイクのAeroadシリーズです。

どんな特徴なのか見ていきます!

エアロダイナミクス

出典:CANYON

業界をリードする空気力学の専門家であるSwiss Side社と協力し、すべてのコンポーネントを最も効率的な空力形状となるように設計されました。

それにより開発されたのがAeroadのフレームです!

空気が滑り抜けるように、すべてのフレームチューブ、すべてのパーツ、すべてのアングルに手が加えられています。

軽量で高剛性

出典:CANYON

超希少な東レM40Xカーボンファイバーが使用されていて、超高強度で高剛性フレームに仕上がっています。

重量剛性比が高いので必要な素材量を少なくでき、性能を犠牲にすることなく170gもの軽量化することができました。

※Aeroad CFRに採用されています。

画期的なコックピット

CANYONのAeroadシリーズには画期的なコックピットが採用されています!

※Aeroad SLX、CFRに採用。

3つのトピックがあります↓

  • ハンドル高の調整
  • ハンドル幅の調整
  • 輪行が楽に

それぞれ見ていきます!

ハンドル高の調整



出典:CANYON

ハンドルの高さをスペーサー無しの位置から5㎜刻みで最大15㎜の高さまで調整可能。

しかもコラムカットの必要がなく、再調整も可能。

クイル式の固定方法なのでこれができるんですね!(スレッドステムの固定方法)

ポジションの調整も簡単にできますね。

ハンドル幅の調整



出典:CANYON

工具1本で最大40mmのハンドル幅調整が可能です。

ハンドルバーの裏側で4本のボルトで固定されています。

ハンドルバーを交換することなくハンドル幅を変更できるのはうれしいですよね。

輪行も楽に


出典:CANYON

ハンドル幅調整ボルトを外せばハンドルバーが折りたためます。

飛行機輪行や電車での輪行、車載するときにもコンパクトになりますね。

エアロで快適なシートポスト

SP0046 Aero Seatpost

出典:CANYON

新型のシールスリーブが採用されシートポストとシートチューブの間の隙間を密閉し、フリクションを減らし埃の侵入を防ぎます。

特殊な断面形状により空気抵抗を最小限に抑え、最大限の空力性能を引き出します!

シートポストを低い位置で固定するクランプ構造でシートポストをしならせ、路面からの振動、衝撃を和らげ快適性も向上しています!

それではAeroad CF SL 8 DISCを見ていきましょう!

Aeroad CF SL 8 DISC

価格・カラーリング

価格¥459,000

※配送料や関税、消費税は含まれていません。ヘルプセンターよりご確認ください!


grey in grey 出典:CANYON

 

Team Replica Alpecin-Fenix 出典:CANYON

CANYONの公式サイトはこちらから!

スペック

Aeroad CF SL 8 DISCの詳細スペックは↓

スペック
サイズ 3XS,2XS,XS,S,M,L,XL,2XL 対応身長 158〜196㎝
フレーム Canyon Aeroad CF SL Disc
フォーク Fork for R082 Aeroad 700c
クランク Shimano ULTEGRA R8000
シートポスト Canyon SP0046 Aero Seatpost
サドル Selle Italia Model X
コンポーネント SHIMANO ULTEGRA R8000
スピード数 22s
ブレーキ SHIMANO  油圧式ディスクブレーキ
ホイール DT Swiss ARC 1600 Tubeless Ready
タイヤ Continental Grand Prix 5000 F:25c R:28c
重量 7.82kg

フラッグシップモデルのAeroad CFRのデザインを取り入れつつも価格を抑えたAeroad CF SLのフレームです。

空力性能はもちろんAeroad CFRの性能を受け継いでいます。

アッセンブルされているコンポーネントはSHIMANO ULTEGRA 11sシリーズで、これからロードバイクを始めたい方やクロスバイクからステップアップしたい方にとっては十分なスペックですね。

ホイールはDT Swissのカーボンホイールにタイヤは定評のあるコンチネンタル Gran Prix 5000なので、足回りのスペックも高いですよね。

DT Swiss ARC 1600

 

出典:DT Swiss

ARC1600はDT Swissでホイールセットの販売はないんです。

完成車用のホイールですね。

とは言え上位モデルのARC1400シリーズの走行性能を味わえますよっ!

画像はARC1400です。

ARC1400の仕様を書いておきますね。

高速巡行が楽になりますよ~。

  • リム高:62㎜
  • リム幅:20㎜(内幅)27㎜(外幅)
  • スポーク:DT Swiss エアロスポーク
  • ハブ:240 DICUT
  • 重量:1,753g
  • 価格¥381,700(税込)

アップグレードにもおすすめ!

Continental Grand Prix 5000

価格¥10,500(税込)

出典:Mizutani Bicycle

GP4000の発売から10年。

フルモデルチェンジして発売されたのが『GRAND PRIX 5000』です。

一度、使ったらやめられないタイヤ!?

リピーター続出ですね。

GP4000SⅡ比較で転がり抵抗12%、耐パンク20%向上です。

さらに5gの軽量化もされています。

  • ブラックチリコンパウンド
  • レーザーグリップ
  • アクティブコンフォートテクノロジー
  • ベクトランブレーカー内蔵
  • ドイツ製

一度、使ってみてくださいね~。

オプションパーツも忘れずに!

ロードバイクなどのスポーツバイクを購入するときは必ず付属するパーツを確認してくださいねっ!

多くのモデルはカギやスタンド、ライトなどが付属していません。

自転車を普段おいておく駐輪場や走行する時間帯や道に最適なパーツを選びましょう!

1自転車の盗難対策はしっかりしよう!

そんなかたも多いのではないでしょうか?
警視庁の盗難統計情報によると
平成30年度で施錠ありの盗難認知件数はなんと
72763件(平均200件/日)
1日で200件の盗難があるんですよっ!!(一般車も含む)
どこで盗難が発生しているのでしょうか?
最も発生数が多いのは駐輪場です。その数なんと31,384件!
次に多いのが住宅です。22,154件!
夜間に発生する割合が最も多く74%です!
駐輪場に一晩中、駐輪しておくと盗難のリスクが高くなってしまうということですね。
お金で安心を買いましょう!
鍵と言えばやっぱりABUS(アブス)です!
持ち運びも便利でセキュリティーレベルも高いです↓

自宅はがっちり地球ロック!!

2セーフティアイテムは必須!自分の身は自分で守ろう!

事故の多くは17-19時の間に起こっているそうです!

まさに帰宅時間ですっかり暗くなっている時間ですよね。

ライトの装備しっかりしてますか?

フロントライトだけで十分と思っていませんか?

リアのライトも大事なんですよっ!

後方からの追突事故も多いんです。後方の車にしっかり自分の存在をアピールしましょう!

フロントライトは400ルーメン以上の明るさだと安心ですよっ!

お金で安全を買いましょう。

ところでヘルメット被ってますか?
サイクリングではヘルメット必須です!
事故の現実は
ヘルメットを被っていない場合の致死率は3倍
死亡事故の原因の56%が頭部損傷
お金で安心を買いましょう!


3最初のメンテナンスは空気圧から!

ロードバイクやクロスバイクは一般的なままちゃりと比較するとタイヤが細く空気圧が高いものがほとんどです!
またバルブ形状(空気の入り口)には仏式を採用しているものが多いので、空気圧がはかれて仏式バルブ対応のポンプを必ず用意しましょう!
ロードバイクやクロスバイクのパンクの原因は空気圧が低く段差でのパンクが多いんですよっ。
空気が少なくなったら空気を入れるのではなく、規定の空気圧を常に保つというのが基本になります。
仏式バルブの空気の入れ方がサイクルベースあさひさんの記事で丁寧に紹介されていますね↓

おすすめのポンプをピックアップしてみますね!

ワイズロードオンラインのポンプのページ↓

しっかり準備して自転車ライフを楽しもう!

まとめ

今回はドイツメーカーのCANYON(キャニオン)のエアロロードのAeroad CF SL 8 DISCを解説させていただきました!

Swiss Side社との共同開発のフレームは最高峰の空力性能で軽量でしたよね~。

また販売方法がユニークで中間マージンを一切省き、ユーザーに直接届けることでリーズナブルな価格を実現していますね。

アッセンブルされているホイールはDT Swiss ARC1600のカーボンホイールで完成車としてはハイスペックですよっ!

ARC1600は完成車用のホイールですが上位モデル譲りの性能ですよ~。

エントリーロードバイクやクロスバイクからのステップアップにもおすすめのモデル!

直送だと不安だよって方も多いのでは?

安心してください。

対応ショップが全国で50店舗に達成です。

今後、まだ増えるんじゃないですかね~。

最後にまとめてみます。

まとめ

  • Canyon Aeroad CF SL Disc
  • Fork for R082 Aeroad 700c
  • SHIMANO ULTEGRA 11s
  • 油圧式のディスクブレーキ搭載でブレーキコントロール◎
  • DT Swiss ARC 1600 Tubeless Ready
  • ロードバイクを趣味として始めたい方
  • エントリー、クロスバイクからステップアップしたい方
  • 重量 7.82㎏ (軽量!)
  • 対応身長 158㎝~
  • 価格:459,000(配送料や関税、消費税は含まれていません。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

CANYONはコスパ最強!?

それではまた☆

ワイズロードのロードバイクはこちらから↓

おすすめの記事